東京都杉並区高円寺の司法書士です。相続、遺言、消費者トラブル、債務整理等、日常生活の法律問題を解決
債務整理のご案内  



              借金問題を解決
借金問題、お一人で悩んでいませんか?なかなか人には相談しづらい内容ですが、借金問題は必ず解決することができます。

司法書士、弁護士が債務整理手続きに介入すると、貸金業法の規定により、債権者からの取り立て行為は禁止されます。これにより、借金の取り立てはストップします。

債務整理と一口に言っても、その手法には数種類あります。
当事務所は、お客様の財産状況、生活状況等あらゆる事情を考慮の上、お客様に最適な手法により借金問題を解決します。


新しい人生のスタートを切るためにも、お客様の悩みを一度、専門家である司法書士にご相談下さい!


任意整理

任意整理とは、裁判所の介入なしで、債権者と直接交渉の上、債権額を確定し弁済方法について和解する手続きです。通常、3〜5年程度で完済していきます。
任意整理手続きにあたっては、お客様と面談の上、事情を綿密に聴取します。
その上で、当事務所において債権者と直接交渉を行い、過払い金があればその回収、残債務額の減額交渉及び確定、弁済方法の交渉、和解案の作成と、和解成立まで一手にお引き受けします。
任意整理手続きは、ある一定程度の安定収入があり、残債務総額がそれほど多くなく、3〜5年程度で完済可能な見込みのある方に向いています。




     任意整理のメリット

    任意整理のデメリット

                                                          ページトップへ

特定調停

特定調停とは、任意整理とは異なり、裁判所が間に立って、残債務、弁済方法等を協定することにより、借金を整理して、債務者の経済的再生を計る制度です。
任意整理とは違い、債権者との自由な交渉ができないため、裁判所の流用規定に従った協定が結ばれることとなります。一般的には、弁済までの遅延損害金が付され、元本のカットもありません。
また、債務者が以後の返済を怠った場合、成立した調停調書に基づいて、債務者の財産に対する強制執行が可能となります。このように、任意整理と比べ、債務者には相当のリスクが伴ってきます。
しかし、債権者が今までの取引履歴を開示しない場合などは、裁判所の命令により強制的に開示させることができます。また、債務者の財産に対して、現実に強制執行が始まっている場合、これを止めることもできます。
          
   

    
      特定調停のメリット

     特定調停のデメリット

                                                          ページトップへ

個人民事再生

個人向けの民事再生手続きは、継続的に安定収入があり、借金総額が5000万円以下の方が利用できます。この5000万円には住宅ローンは含まれません。
個人民事再生は、債務者本人が再生計画案を作成し、裁判所に対し認可を求めることになります。
この手続きにおいては、
残債務を大幅なカットが可能となります。具体的には、債務額の5分の1か100万以上を返済すれば、残りの債務は免除されます。(注)
また、住宅ローンの特則を利用することにより、住宅を手放さずに再生を図ることが可能です。
当事務所では、民事再生申立て、再生計画案の作成、裁判所への出頭同行等、全面的にサポートします。

(注)債権額が1500万円を超え、3000万円以下の場合には300万円、債権額が3000万円を超える場合には10分の1の返済が必要となります。


       民事再生のメリット

      民事再生のデメリット

                                                           ページトップへ

自己破産

借金の額が膨大で、現在の収入では返済することが不可能な場合の最終手段が自己破産です。破産者の所有する財産をもって各債権者に按分弁済をすることにより、清算します。
また、破産者に財産がない場合、また少額の財産しかなく、破産手続きの費用すら賄えない場合は、破産手続きの開始と同時に手続きを終了する同時廃止というものがあります。
同時廃止決定後、裁判所による免責許可決定を経て、破産者は復権することとなります。また、免責許可の決定により、それまでの債務はすべてなくなるため、返済の必要はなくなります。
自己破産すると、ある一定の資格制限があります。例えば、保険外交員、警備員等の職業には就けなくなります。もっとも、復権すれば、破産者ではなくなるため、このような制限もなくなります。
当事務所では、破産申し立て書類の作成、裁判所への出頭同行等、全面的にサポートします

        自己破産のメリット

       自己破産のデメリット

                                                             ページトップへ






 【関連団体サイトへのリンク】

日本司法書士会連合会東京司法書士会成年後見センターリーガルサポート法テラス
公共嘱託登記司法書士協会東京商工会議所司法書士紹介の士業ねっと!




HOME      ABOUT       業務内容       費  用      お問い合わせ
司法書士事務所リーガルライト 事務所:東京都杉並区高円寺南4丁目23番5号 ACPビル6階 Tel:03(5929)7693 /Fax:03(5929)7694
Copyright (C) 2010 - 2016 Judicial scrivener office Legal Right All Rights Reserved.